近況・概況の控え

2024年6月13日

 

 好天に恵まれた東京マラソン大会の日(3月3日)、われらの江工会関東支部の令和6年度の総会を無事終了いたしました。

 

 詳細は、下記のとおりですが、資料や写真等は随時追加して掲載いたします。

 

 総勢45名の来賓や会員、準会員の参加をいただきました。

 山崎ていじさんの新曲の披露を含めて熱唱に感動いたしました。懇親会を盛り上げていただきましたことに感謝いたします。

 

 総会及び懇親会のフォトをご覧ください。

 

 「江工会報第58号」が発行されました。

 

 

 母校の統合が正式に決定しました。

 2023年12月

 

 母校の統合問題に関するパブリックコメントを11月23日に締め切られました。

 

  去る8月15日に江津市内の二つの高校の統合問題の説明会がありました。ブログに詳細の記事を掲載しましたので、是非とも一読ください。

 

 また、母校の存続に関してのまとめ記事をブログにしましたので、参考資料をクリックして取得し、ご検討をお願いします。

 要は、江工会関東支部として、何を要求し、どのようなアクションをとるかみんで考えましょう。

 

江津地域の今後の県立高校の在り方について

 

 錦秋の便りが北から、標高の高い山間部から聞こえてきました。朝夕がすっかり季節らしくなり気温差が大きくなりましたが、会員の皆様はいかがお過ごしでしょうか。

 

 石見神楽愛好者に朗報! 詳細はこちら!

 

 去る8月15日に江津市内の二つの高校の統合問題の説明会がありました。ブログに詳細の記事を掲載しましたので、是非とも一読ください。

 

 また、母校の存続に関してのまとめ記事をブログにしましたので、参考資料をクリックして取得し、ご検討をお願いします。

 要は、江工会関東支部として、何を要求し、どのようなアクションをとるかみんで考えましょう。

 

江津地域の今後の県立高校の在り方について

 

母校の存続は統合へ向かうか?

 

母校生徒の最新の活動はこちら

 令和3年度(2021年度)の江工会関東支部の総会は、コロナ禍で「中止」となり、その際に会員の皆様にアンケートを実施しましたが、その結果が下記のようにまとまりましたので、ぜひ詳細報告をご一読ください。

 

 

 2020年2月16日(日)に、恒例の令和二年度江工会関東支部総会が開催され、盛況のうちに終了しました。以下の記事及びブログをご参照ください。

 

 

 2019年は、2018年に続き「災害」の年でしたが、元号が変わり新天皇の即位があって、民心が一新した等に感じます。

 

 

 2019年10月25日夕方から、千葉県北部に豪雨があり、非常に広大な範囲の水害がありました。しかも強烈な台風19号が関東・甲信越・東北南部を襲い、甚大な被害をもたらし2すぐ後でしたので、被災者の方々には対応が難しかったのではないでしょうか。被災された方々に心からお見舞い申し上げます。

 

 

 2018年も「災」の年でした。

 西日本豪雨の被害から復旧していない状態で、台風21号の関西地方への襲撃、特に関西空港の大被害、北海道の地震と北海道全土に影響する大停電、台風24号の被害など、多くの被災者の方々は復旧の途上で新年を迎えられたことに、心からのお見舞いを申し上げます。

 

 

 2018年3月31日で、江工生を運んだ「三江線」が廃線になり、本当に名残惜しいですが、利用者がいないので仕方がありません。

 

 

 ところで、2017年8月6日に島根県益田市で39.3度を記録し、2017年の全国一の高温でした。